大事なことを言わない彼氏の気持ちを解説!僕もそうでした…。

 

彼氏が大事なことを言ってくれない…。

 

「えっ?何それ?聞いてないけど…」

っていうことが多い。

 

なんで言ってくれないの?

彼女の私に言えないことなの?

 

言わない理由がわからない…。

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事では、

大事なことを言わない彼氏の気持ち

を解説します。

 

この記事を書いている僕も

大事なことを言わない人でした。(笑)

 

なので彼氏さんの気持ちはよくわかります。

 

この記事を読んでほしい女性。

 

・彼氏が大事なことを言ってくれずに悩んでいる女性。

・彼氏が大事なことを言わない理由を知りたい女性。

 

 

大事なことを言わない彼氏の気持ちを解説!僕もそうでした…。

 

大事なことを彼女であるあなたに

言わない彼氏さんの気持ちを解説します。

 

彼氏さんが言わない理由は3つあります。

 

1.弱い部分を見せたくない。

2.話すのがめんどくさい。

3.あなたの答えを勝手に想像する。

 

それぞれ解説していきます。

 

1.弱い部分を見せたくない。

 

大事なことをあなたに言うことで、

自分の弱い部分を見せてしまうような気がして

言うことができません

 

彼女の前ではカッコイイ男でいたいのが

男心です。

 

カッコイイ男=弱い部分を見せない

みたいな。

 

彼氏、彼女の関係なんだから

弱い部分も見せてよ!

 

っと思うかもしれませんが、

男はなかなか素直に自分の弱いところを

見せれないものです。

 

例えば、

転職とか言えないですね。

 

仕事を変えるのはなんだか逃げているような

イメージを自分の中で勝手に持ってしまって

あなたに伝えることができません。

 

んで、

結局言えずに退職ギリギリになって伝える…。

 

転職することは逃げることでもなんでもないのに

なんか気になってあなたに言うことができません。

 

2.話すのがめんどくさい。

 

あなたとその大事なことについて話すことが

めんどくさくなっています

 

ひどい男だと

話さなくてもなんとなく雰囲気でわかってよ…

というわけのわからない考えをしています。

 

「めんどくさい」

ということは

その大事なことは彼氏さんにとって

あまり都合のいい話しではないのでしょう

 

あなたに話すと都合が悪くなるから

「めんどくさい」

という理由をつけて話そうとしません。

 

例えば、

友達と飲みに行くのをギリギリまで言わないとか…。

友達と飲みに行くことをいつも突然言うとか…。

 

毎回毎回、突然飲みに行くことが決まるでしょうか?

以前から決まっている場合も絶対あります。

 

3.あなたの答えを勝手に想像する。

 

大事な話しをしたときの

あなたの答えを勝手に想像して

言わないことがあります。

 

言ったところでこういう答えが返ってくるだろう…

っと思って言わない。

 

まぁ、これも2の

「話すのがめんどくさい」と同じで

 

きっと自分にとって不都合な答えだろう…

 

っと思っています。

 

だから話そうとしないのです。

 

すごい簡単に言うと、例え話しですが

 

自分はこっちの服がいいと思っているけど、

あなたは違う服のほうがいいと言うだろう…

だから黙って買っちゃおう!

 

みたいな感じです。

 

ようするに、

あなたが自分とは違う答えを言ってくることを

勝手に想像してしまうのです

 

 

大事なことを言わない彼氏はどうすれば言ってくれるのか?

 

大事なことを言わない彼氏は

どうすれば言ってくれるようになるのか?

 

方法は2つあります。

 

①否定しない。

②伝えておく。

 

それぞれどういうことか解説します。

 

①否定しない。

 

彼氏さんが出した答えを否定しないことです。

 

彼氏さんはあなたに否定されることを

恐れて言わないのです。

 

どう考えても彼氏さんが出した答えが間違っていたり

あなたが納得できない答えであっても

まずは聞き入れます。

 

頭から否定しちゃダメです

 

聞き入れて彼氏さんの考えていることを理解してから

 

「わかるけど…でもね…」

 

って感じであなたの意見を言っていきます。

 

②伝えておく。

 

日頃から

 

「なんかあったときはちゃんと言ってね」

「弱い部分も見せてほいしよ」

「いきなり飲みに行っちゃうのはキツイよ」

 

っと伝えておくことです。

 

こう言っておくことで、話しておかないと

 

「なんかあったときはちゃんと言ってね」

って言ったじゃん」!

「弱い部分も見せてほいしよ」

って言ったじゃん!

「いきなり飲みに行っちゃうのはキツイよ」

って言ったじゃん!

 

ということになってしまいますので

それが嫌で話すようになります

 

少し強制的ではありますが、

有効な方法です。

 

 

まとめ。

 

大事なことを言わない彼氏の気持ちを

解説しました。

 

そこには3つの気持ちがあります。

 

1.弱い部分を見せたくない。

2.話すのがめんどくさい。

3.あなたの答えを勝手に想像する。

 

また、

どうすれば大事なことを言ってくれるようになるのか?

 

方法は2つです。

 

①否定しない。

②伝えておく。

 

ちなみに僕は

弱い部分を彼女に見せたくなくて

大事なことを言わない人でした。(笑)

 

転職することを彼女に言えずに

めっちゃ怒られたことがあります。

 

言ったのが退職する3日前とかでした。

そりゃ、怒りますよね。

 

「なんで言ってくれないの?」

っと言われたことを今でも覚えています。

 

そして反省しています。

 

やはり恋人同士であるならば

自分の弱い部分も見せるべきです。

 

その弱い部分も愛してもらうべきです。

 

相手のすべてはわからないかもしれないけど、

あなただけにしかわからないことがあるから

あなたにしかできないことがあると思います。

 

それが恋人同士というものではないでしょうか?

 

参考にしてみて下さい。

以上です~。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です