男心を掴みたければ胃袋を掴め!料理が苦手な女性に朗報です。

 

男心を掴むには

どうやら料理が上手な方がいいらしい…。

胃袋を掴めっていう言葉もあるくらいだし…。

 

でも、料理苦手なんだよね~。

まったくできないわけじゃないけど

得意ではないな~。

 

こういった女性に朗報です。

 

本記事では、

料理が苦手な女性でも男心(胃袋)を掴むことが

できる方法をお伝えします。

 

 

男心を掴みたければ胃袋を掴め!料理が苦手な女性に朗報!

 

料理が苦手な女性でも料理で男心(胃袋)を

掴むことができる方法をお伝えします。

 

この3つを覚えておきましょう。

 

その① 手の込んだ料理なんていらない。

その② スピードとタイミング。

その③ 謙虚な姿勢。

 

それぞれ解説していきます。

 

その① 手の込んだ料理なんていらない。

 

料理が得意な女性にありがちなのが

やたら手の込んだ料理を出してくることです。

 

それこそインスタ映えしそうな料理…。

 

まぁ、作ってくれるのはありがたいのですが、

僕たち男はそこを重要視していません。

 

何を重要視しているのかと言うと、

 

ガッツリ食べられるもなのか?

ご飯のおかずになるものなのか?

 

これが大切です。

 

こった料理でもご飯のおかずにならないと

テンションが下がります。

冷蔵庫から納豆を持ってきます。

叱られます。

僕です。(笑)

 

男は別に手の込んだ料理なんて求めていません。

 

理由② スピードとタイミング。

 

スピードとタイミングが大切です。

 

料理を作る時間がかかればかかるほど

ハードルが上がっていきます。

 

こんなに時間かけてるんだから、

何品かおいしい料理が出てくるんだろうな。

 

ササっと料理を出すには手際も大切ですが、

そもそも簡単な料理を選びましょう。

どんな料理を出せばいいのかは下記で

お話しします。

 

タイミングというのは、

例えば彼と同棲していて

彼が仕事から帰ったらすぐに

ご飯が食べられるようになっているとかです。

 

仕事が終わってお腹を空かせて帰って

すぐにご飯が食べられるのか、

空腹のまま30分待つのかは

かなり違います。(笑)

 

お腹を空かせて帰って

すぐにご飯を食べられるって

すごい幸せを感じます。

 

理由③ 謙虚な姿勢。

 

私の料理ドヤっ!!

って感じよりも

謙虚な姿勢でいれば大丈夫です。

 

ごめんね。料理あんまり得意じゃないんだ。

っと言ってしまいましょう。

 

「得意じゃない」

という言葉でグーンっとハードルが下がることによって

「普通の味」

であればそれは

「おいしい」

になります。

 

これって結構魔法の言葉です。

 

「ごめんね。料理あんまり得意じゃないんだ。」

と言われて、

「うん。ほんとだね。おいしくない。」

という男性はなかなかいないでしょう。

 

なぜ、なかなかいないと言い切れるのか?

 

その料理にあなたの気持ちを感じるからです。

料理得意じゃないのに俺のために作ってくれたんだ。

すごい嬉しいことです。

 

感情(気持ち)>料理の味

っということです。

 

「ごめんね。料理あんまり得意じゃないんだ。」

非常に便利な言葉なので覚えておきましょう。(笑)

 

 

男心(胃袋)をつかむためにはどんな料理を作ればいいのか?

 

男心(胃袋)を掴むには

どんな料理を作ればいいのか?

 

先ほども言いましたが、

こった料理なんていりません。

簡単に作れて

ご飯のおかずになるようなものでOKです。

 

例えば

・生姜焼き

・カレー

・オムライス

 

このへんは王道で間違いがありません。

ガンガン作っていきましょう。

 

この3つも厳しい!

 

そんな時は味がついているお肉を買ってきましょう。

あとはそれを焼いて出すだけ。

 

もしくは、パスタにかけるだけ!

みたいなやつがありますのでそれを用意しておきます。

パスタをゆでてそれをかけるだけでOK。

 

「そんなので大丈夫なの?」

と思いませんでしたか?(笑)

 

スピードとタイミング、

謙虚な姿勢を忘れなければ大丈夫です

 

もちろん、

生姜焼きやカレー、オムライスが作れるなら

そっちを作ったほうがいいです。

 

あくまでも、

奥の手として覚えておきましょう。

 

 

まとめ。

 

男心を掴むには胃袋を掴め!

 

っということで料理が苦手な女性でも

料理で男心を掴むことができる方法をお伝えしました。

 

結論としては、料理が苦手でも

 

・手の込んだ料理なんていらない。

・スピードとタイミング。

・謙虚な姿勢。

 

この3つのことが分かっていれば

まったく問題ありません。

 

さらに何を作ればいいのかは、

 

・生姜焼き

・カレー

・オムライス

※カレーができればシチューもいけます。

 

このメニューをおさえておけば大丈夫です。

 

このメニューも厳しい!

っとなったときの奥の手もお伝えしました。

 

料理が苦手だからといって悲観的にならず、

逆にこの記事に書いてあることを意識して

どんどんアピールしていって下さい。

 

そうすれば

男心と胃袋は割と簡単に掴めます。(笑)

 

以上です~。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です